1枚で最大4つの効果!?Σ(´∀`;)「ベイオネット・パニッシャー」発動条件を満たしてプレッシャーをかけていく!

今組んでいるデッキで採用枚数を悩んでいるカードがありまして…

ベイオネット・パニッシャーです(*´ω`*)

このカード…効果は強い。なんと1枚で最大4つの効果を発動できます。

どの効果も強力で発動できれば大きなアドバンテージを得られるカードです。

先行で展開後にこのカードを伏せておけば、展開を潰せるだけでなくエクストラデッキや墓地にも影響を及ぼすことができます。

これは…相当なプレッシャーでしょうね(;・∀・)

♦発動条件♦

このカードは名称ターン1です。最近では

あるあるですね(*´ω`*)

発動条件として、自分のフィールド・墓地のヴァレルモンスターの種類によって効果が発動します。

種類は融合・シンクロ・エクシーズ・リンクの4種類です。

つまり…ヴァレルモンスターの4種類のうち最低1枚あれば発動できるわけですね。

また自分のフィールドに攻撃力3000以上のモンスターが存在しているとこのカードの発動に対して相手は効果を発動できません。

♦4つの強力な効果♦

・融合ヴァレルが存在している場合

相手フィールドのモンスター1体を選んで除外

・シンクロヴァレルが存在している場合

相手のエクストラデッキのカードを裏側でランダムに3枚除外

・エクシーズヴァレルが存在している場合

相手フィールドの魔法、罠を1枚選んで除外

・リンクヴァレルが存在している場合

相手の墓地から3枚選んで除外

うん…強力な効果ですね(`・ω・´)

ヴァレルモンスターはフィールドでも墓地でもいいのでとりあえずどちらかに存在していればOK。

フィールドのカードを除去する効果は「選んで」なので対象に取っていませんね。

エクストラデッキと墓地の除外は3枚除外しますので、相手の戦力を削るには十分すぎる枚数…

エクストラデッキに関しては裏側で除外するため再利用できるカードは限られていますね。

ヴァレットデッキに採用されるシルバーヴァレットと合わせてどんどん除外していきたいところ…

♦条件を満たせるか否か♦

如何にヴァレルモンスターをそろえられるか…が鍵になるわけですが…

このカードの効果…フィールドのカードを除去したいのは展開前もしくは相手が展開している最中ですよね。

なので…先行でほしいカード…のような気がします。

先行の場合には妨害されにくいので展開。

その後このカードを伏せておくことで相手ターンの妨害札として機能させます。

後攻の場合にはある程度展開後にこのカードを使用して、除去を狙っていくことになります。

しかし…現代遊戯王ではたとえファンデッキであったとしても2妨害くらいはたてれるデッキが多数…

それらをかいくぐってこのカードの発動条件を満たすのは…なかなか厳しいですね(;’∀’)

ライトニングストームと比べられそうで…

♦まとめ♦

効果自体は強力なんですが、先行で持っておきたいなあ…と感じる効果です。

中には後攻で使用できる効果も当然含まれてはいるのですが、どうしてもある程度展開してから出ないと使用できません。

もしも…このカードを発動したいがために展開しようとして相手に妨害されると…

て考えるとどうしてももっと汎用性が高いカードを採用したほうがいいのではないかと思えます。

まあ…効果が強いことには変わりないためヴァレルモンスターを効率よく展開できるようにデッキを構築すればメインからいれてもよさそうな気がします。

まあ…1枚採用でしょうね(´・ω・`)

(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。