2020年導入予定!ラッシュデュエルについて現状の情報のみで考察

結論:速攻でデュエルの決着がつきそうな別環境

不安:インフェルニティ…使えへんやん(´・ω・`)…そもそも存在してなさそう…

新ルールの設立とともに新しい遊戯王アニメが発表されましたね。

それに伴って、遊戯王OCGとは別に…「ラッシュデュエル」なるものが新たに設立されるそうな…

最速のデュエル!!をモチーフにしているようです

まだまだ情報が少ないものではあるものの、現状の情報で考察していきます。

♦ラッシュデュエル専用のカードがある♦

今までの遊戯王OCGとは異なるデザインのカードが発表されています。新主人公のエースモンスターも「ラッシュデュエル」専用のカードがエースのようですね。

テキスト欄が公開されていないため、従来通りのモンスター効果を持つのか…それともアニメ遊戯王5D‘sのライディングデュエルや遊戯王ARC-Vのようなアクションカードのような特殊なカードなのかは現在(2019年12月)不明です。

続報が楽しみですね(●´ω`●)

2020年新規ルールについてはこちら↓

2020年4月からの新規ルール!

♦ラッシュデュエルの特殊ルール♦

①1ターンに何度でも召喚可能

なんと( ゚Д゚)…1ターンに召喚制限がなくなるようです。つまり…「血の代償」がライフコスト0で常に貼られているということ…お…おそろしい(;´・ω・)

現代遊戯王を知っていればどう考えても導入すべきルールではないと感じるのですが…OCGとはまったく違う環境になることを意味しているのでしょうね

②ドローは手札が5枚になるように引く

これもすごいことですね(;^ω^)

手札をどれだけ使用しても、次のターンには5枚になるようにドローできているわけです。

(´・ω・`)ん…劣勢の状態でも巻き返せる可能性が必ずあるようにされているのでしょうか…

あくまでもドローが5枚になるように…なので相手ターン中は余った手札での対応となるのでそこは従来通りですね。

③ラッシュデュエル専用の新規カード

上でも書いたのですが…専用カード…もはや別ゲームですね(;^ω^)

遊戯王でありながら、全く別の楽しみ方をすることができると思っておけばいいような気がします。

♦感想♦

通常召喚が何回もできて、毎ターン手札が5枚ある…スタートしたときはいいような気がしますが、月日が経つにつれて荒れていきそうな気がしています。

今の情報だと、OCGのカード+専用カードなのか…

専用カードのみなのかは不明…アニメには「青眼の白龍」が見られましたね。しかし、デュエルディスクには専用カードのような見た目の「青眼の白龍」でした。つまり全て専用カードなんですかね(。´・ω・)?

謎が深まります…

何回も召喚できるというルールと手札が必ず5枚スタートというところからルール自体もOCGとは全く別物として考えておくほうがいいような気がします。

例えば…破壊されて墓地に行くと蘇生できないとか…除外ゾーンから出す方法は無いとか…エクストラデッキがそもそも5枚しかないとか…

情報がないので何とも言えませんが…(2019年12月時点)

♦まとめ♦

新ルールと同時に発表された新アニメのデュエル形式!楽しみなような…不安なようなルールですね。OCGを知っている人からすれば…どう考えても混沌と化す未来が見えてきます(;’∀’)

しかし、専用カードがあることと、情報が少ないことからまだまだ何とも言えないところではあります。

もしかしたら、遊戯王は難しくて新規の人が入りずらい環境を何とかするための簡単なルールかもしれませんね(‘ω’)

現在のカードプールでは結局カードを理解することが難しい…かといってルールを大幅に変えると目的から大きく外れてしまう…

ならば!

新しい遊戯王作ればいいじゃん!といったような考えなのかもしれません。

確かに初手が必ず5枚で、何回でも召喚できるなら時間がかからずややこしいカードさえ作らなければ新しく遊戯王を始めてくれる人が増えるかもしれません。

年齢層が低いところを狙っているんでしょうかね(。´・ω・)?

これからの続報を待ちましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。