2020年4月以降の銀河眼主体のデッキを考える会第2回目!ハリファイバーは使えないものとして考えたほうがいい?

第1回目はこちらです(*´ω`*)↓

これからの銀河眼主体のデッキについて…

前回の1回目に続いて…デッキ構築の悩みについてダラダラと書いていきます。|д゚)

デッキ構築って…あれもこれも考えてしまって悩みますよね(●´ω`●)それがまた楽しいんですけど…

前回は…デッキタイプをいくつか挙げて終わっていましたね。

・銀河フォトン

・ミザエル風

・堕天使

・アンデット

・ハイランダー

♦そもそも銀河眼の扱いをどうするか…♦

いろいろありますよね…

わかりやすく言うと…

アテムで言うところの「ブラック・マジシャン」のようなほかの戦い方もあるけど、重要なところででてくるような感じ

パンドラのように常に一定のモンスターで闘う戦法をとる方法…

この2つがありますね(●´ω`●)

現在の環境と…4月以降の…何となく荒れそうな予感がします。ならば…1つの戦術に特化するよりは1枚1枚のカードにシナジーがあるようなデッキ、複数の戦い方ができるようなデッキにしたほうが銀河眼で闘っていけるのではないかと思います。

もはやこのカードは…4月からは使用できないものとして考えたほうがいいでしょうね…悪いことしかしてないですし、4月からは融合・シンクロ・エクシーズは自由に展開できるわけですから、反感は少し前よりは少なくて済みますからね。

♦エクストラデッキの銀河眼は5種類くらいがちょうどいい(`・ω・´)♦

いろんなデッキタイプがありますが…特に理由や拘りがないのであれば銀河眼の種類は5種類程度が一番いいのではないかと思います。

・No.62銀河眼の光子竜皇

・銀河眼の光波竜

・ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン

・銀河眼の光波刃竜

ここら辺がランク8が出しやすいデッキに採用されることが多い銀河眼です。銀河フォトンではNo.90銀河眼の光子郷も入りますね。

ここにタキオンドラゴンを入れても6種類です。

銀河フォトンであれば6種類…それ以外で使用するならば5種類程度に落ち着かせればバランスが取れやすいと思います。

♦1枚でレベル8を複数体並べることができるのは…♦

銀河フォトンでは…下準備は必要になりますが

・銀河天翔

・エターナル・ボンド

この2枚が1枚でランク8まで繋げることができるカードですね。

下準備をする必要がないカードが無いですね(;’∀’)

♦機界騎士はありなのでは…♦

相手依存にはなってしまいますが…手札1枚でエクストラデッキを圧迫せずにランク8まで繋げることができますね。

蒼穹は同じ縦列の相手のカードの枚数分サーチできます。ので…

この2枚をサーチできます。その後各々特殊召喚すればそのままランク8になれます。

エクシーズしなくてもそれなりの攻撃力があるので戦力になりますので候補としては良いですね( ´∀` )

♦メインやエクストラデッキを圧迫しない方法を考える♦

大量展開しやすい時代ですが…その展開のほとんどにハリファイバーやリンクロス、イヴなどなど…様々なエクストラデッキのモンスターとそれに付随してメインデッキにも入れなければいけないカードがありますね。

できれば…メインもエクストラデッキも圧迫しないでいきたい…|д゚)

たとえば…銀河フォトンではある程度ならば全然違う手札から違ったルートを通って展開していきます。

アンデットもそうですかね(;´・ω・)

蘇生は複数使用しますが…展開中に変えることも可能…できればメインデッキには展開用以外でも使用できるカードを入れたいところです。

エクストラデッキにも展開用のモンスターは最小限にして場で実際に戦うモンスターをメインに据えていきたいところです。

♦とりあえず…今回作るデッキでの銀河眼の立ち位置は…♦

ずばり!エースでしょう(`・ω・´)

必ず出てくるわけではないけれど、出したいときや重要なときには必ず出てくるようにデッキ構築したいですね。

この…出したいときに出せる!!

ってところが重要ですね。

昔…シンクロの究極系となったことのあるアンデシンクロみたいな感じです。

そこを目指したいですね( ´∀` )

♦まとめ目指すところ決定♦

目指すところは昔のアンデシンクロのように出したいときに出したいモンスターをエクストラデッキから出せること

ここに決定です。当然下準備が必要になる展開方法が増えますし、相手の妨害がないことが前提ですが…

これができればまずは!フリーではすごく楽しみながら熱いデュエルができるはず!!

(`・ω・´)

デッキがある程度完成したら、環境デッとも戦えるように調整…といった感じですね

(●´ω`●)

完成したデッキは記事にしたいと思いますので、そちらを読んでくだなったときにでもアドバイスいただけると嬉しいです。

…結局…混ぜ物がいいんですかね…それともテーマで絞るのがいいんですかね(。´・ω・)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。