2020年4月!新ルール適用後の「銀河フォトン」デッキの悩み(個人的)!デッキの構築を見直したい!使用枚数による妨害札の違い…

今回はデッキ紹介ではなく…あくまでもこれからのデッキ構築対する悩みを…雑談として記事にしました。同じ悩みを持っている人もいるかな?(。´・ω・)?と思っています。

もはやご存じでない方はいないまである2020年4月からの新ルール…このルールの適用を心待ちにしながらも悩みを抱えます…それは…

デッキ構築(`・ω・´)

悩みとしては…

①少ない枚数で2妨害や3妨害

②ある程度枚数は使用するけど4妨害

これです。今回はデッキ紹介ではありません(`・ω・´)

また昔のカード+リンク導入後のカードによる新たな盤面!

これもですね(*´ω`*)

デッキ構築を悩んでいく回です。

♦エクストラデッキの悩み♦

今までと違う点は簡単で…融合・シンクロ・エクシーズはメインモンスターゾーンにも展開できるわけです。つまり無理にリンクモンスターを採用しなくても展開できてしまうわけですね。

そこで…

銀河眼のリンクといえばこのカードですね( ´∀` )

墓地サルベージと特殊召喚もんんすたーを破壊できる効果を持っており、尚且つリンクマーカーが優秀な向きになっています。

次に…

最低限のリンクモンスターではありますが…エクシーズ召喚の手助けをしてくれるアハシマ…

展開の手助けをしてくれるユニオン・キャリアーがいます。

ここら辺のリンクモンスターはフォトン・サンクチュアリ1枚で出てくることからとても優秀であり、銀河フォトンではなかなかに重宝されますよね|д゚)

♦そもそも昔はフォトン・サンクチュアリが採用されないことがほとんど♦

そもそも…リンク召喚が導入される以前の銀河フォトンは「銀河戦士」「銀河騎士」をうまく使用してランク8とランク5を並べることを基本としていました。

フォトン・サンクチュアリできることといったら「銀河眼の光子竜」の召喚補助と「銀河騎士」の妥協召喚のための条件…

基本的にこれだけしかないのです。でも…基本的には「銀河戦士」+「銀河眼の光子竜」+「簡易融合」or「銀河遠征」からコンボスタートが基本です。

並べるのは…フェルグラントorタイタニックギャラクシー+プレアデスorインフィニティといいたような簡易制圧を行うための布陣です。

登場当初はこれだけでサレンダー案件といわれるほどめんどくさかったですね…

♦汎用性を考えると…♦

現在の制圧盤面は相手を妨害し、自分が優位に進めることを目的にそれに合ったモンスターをエクシーズ召喚しますね。

それに対して、昔の盤面を考えると…フェルグラントは確かに相手のモンスター効果を無効にできます。しかしそれ以外でも自身に使用することでほかのカードの効果を受け無くし場もちのいいモンスターとしても使用できます。

プレアデスはフィールドのカード1枚をバウンスできます。それ以外でも…例えば「銀河零式」を手札に戻したり、永続罠を手札に戻して再利用したりと妨害以外にも使い道が沢山あります。

♦現在はサーチカードが増えている♦

ランク8に「No.90銀河眼の光子郷」がいます。このカードは相手のモンスターを妨害できる上にサーチ効果まで搭載しています。

また…「フォトン・オービタル」のようにある程度限定されているとはいえコンボパーツをサーチすることができます。

つまり…上で書いたように「銀河眼の光子竜」+「銀河戦士」+「銀河遠征」のようにカードを限定されることが減るということですね。

「フォトン・オービタル」はフォトン・ギャラクシーモンスターに装備しなければサーチ効果を使用できないためこれだけでもフォトン・サンクチュアリの意義は昔よりも増えていると思います|д゚)

昔はリンク召喚がなく、使用することが少ないため採用がされずらかったフォトン・サンクチュアリですがほかの使用用途が増えたのでリンクモンスターを採用しない・もしくは減らしても採用する必要があるのかな…と…

♦制圧したい?展開したい?♦

銀河フォトンはルール改定が行われても制圧盤面を作るためにはカードが複数枚必要になります。

それだとほかの強力なデッキには劣ってしまい、わざわざ制圧盤面を無理に作っても…と思うのです(`・ω・´)

ならば!

フェルグラントやプレアデスを採用して妨害+自分のコンボを手助けしてくれるようなカードを重点的に採用し、制圧は必要最低限に抑えるほうが安定性と個性が増すのかな…と思っています。(´・ω・`)

♦メインデッキにも悩みが…♦

装備魔法や永続罠を使い輪ませるコンボやある程度コントロールできる盤面を作る…これはすなわち!

デュエルスピードが遅い!

ということですね。果たして新環境でそんなことが通用するのかと(´・ω・`)

まだ始まってもいない環境なので試してみないとわかりませんが…

メインデッキのモンスター・魔法・罠の割合に悩みます|д゚)

♦まとめ♦

まあ…昔と今とで出いることや通用することが変わっています。今あらゆるデッキに通用する盤面であったとしても、数年後もしくは数か月後にはあらゆるデッキに簡単に対応されてしまう…なんてこともありますからね(;’∀’)

今の環境化でフェルグラ+プレアデスやインフィニティがどの程度通用するのかはわかりませんし…

それを差し置いても銀河眼の残光竜のように展開と脳筋アタックを仕掛けることができるカードもあり…

そもそも制圧するどころかコントロールする必要もないような気がしないでもないです。

まあ…4月までは時間がりますし、環境が変わればおのずとなにが通用して何が通用しないのかがはっきりと出るはず(`・ω・´)

それまでは今の環境で楽しく遊んでいきたいですね(●´ω`●)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。