2020年7月からのリミットレギュレーション!!個人的には満足の結果

2020年7月からのリミットレギュレーションが発表されましたね

( ´∀` )

新型コロナウィルスの関係で各箇所で大会が開けずにどうなることかと思っていましたが…

なかなかの結果だったのではないかと思いっています。

♦禁止カード♦(1枚)

コンボの起点であったリンクロスが禁止になりました。

まあ…打倒ですね。

確かにブリキやハリファイバーなどこのカードを使用する際に必ずかかわってきたカードはありますけど。

ハリファイバーは他のコンボでも使用できますので禁止にはなりませんでしたね(*´ω`*)

まあ…イヴが禁止になっても生き残っていますのでこれからもいけそうです。

リンクロスがいなくなれば既存のコンボは不可能になるので禁止に下のでしょうね。

♦制限カード♦(0枚)

制限カードになるカードはありませんでした。

♦準制限カード♦(4枚)

制限カードから準制限へなりました(*´ω`*)

コラプサーペントからサーチでき、逆にコラプサーペントをサーチできるこのドラゴン。

やはり最低でも2枚は欲しかったところです。

ドラゴンリンクが衰退し、イヴも禁止。

制限である状態では安定性に欠けるため採用率も激減…

このカードが制限である必要がなくなったということでしょうね。

おそらく次の改定では完全に開放されるのではないかと思っています。

今回の改定で個人的に1番嬉しかった1枚です(*´ω`*)

このカードも準制限へ。

エラッタされたことで禁止から制限になっていたマキュラですが、やはりマイルドになったためにわざわざこのカードを採用してまで発動したい罠が少ないのでしょうね。

最近の遊戯王の罠はサーチなどで確実に持ってこれて、相手のターンに妨害できることが大切にされている傾向にあります。

なので…そもそもサーチや直接セットできないような罠カードはそもそも採用されることが少ないです。

よってマキュラの出番は…(;・∀・)

次の改定で解放されそうですね。

除外の強い味方ネクロフェイスさんも準制限です。

このカードを除外するだけでお互いのデッキトップから5枚除外できます。

さらに召喚に成功できれば除外されているカードを全てデッキに戻せる効果もあります。

ダ・イーザのように除外されているカードを参照するようなカードをメインにしたデッキが環境デッキから姿を消しているのでとりあえず緩めた感じですかね

(。´・ω・)?

これから各地で大会が開催され、除外ギミックのデッキが暴れればまた制限に行くでしょう。

…多分…(´・ω・`)

植物族の強い味方!ローンファイアさんも準制限です。

まあ…ダンディライオンやグローアップバルブが禁止のままなので全盛期の力はまだありません。

それでも植物族であれば何でもリクルートできる効果が弱いわけもなく、植物族をメインにしていたりコンボの主軸に据えているデッキにとってはうれしい緩和ですよね

(*´ω`*)

♦解除♦(2枚)

ある一定周期で規制と解除を受けているディーヴァさんも解放です(*´ω`*)

効果は優秀なので、このカード1枚からお手軽ハリファイバーも当然です。

召喚権を使用するものの、リクルートするカードによってはシンクロでもエクシーズでもリンクでも好きな特殊召喚まで繋げることができます。

水属性のデッキが環境にいないのでそのための解除ですかね

(。´・ω・)?

一時期このカード1枚から制圧盤面を考えられていたドラコネットさんも解除です。

このカード1枚からのコンボ起点であったイヴが禁止にいったことで採用率が減りましたね。

それでも採用されていることはありましたが、今回流行りのコンボであるリンクロスが禁止にいったこと。

大会が少なかったためデータが少なかったことなどが幸いしたのか…

このカード1枚からできるコンボはこれから先イヴが蘇ってこない限り、重要視されないだろうと予想されたのか…

とにかく解除されました(;´∀`)

♦まとめ♦

あまりデータがない中での制限改定でしたが…

個人的にはなかなかの良改定だったのではないかと思います。

すごく欲を言えば、ヴィクトリードラゴン以外の監獄内のドラゴンを全て開放してくれれば…(;・∀・)ゴクリンコ

まあ…そんな近くない未来を願って今日もデッキ構築に励んでいきたいと思います

(`・ω・´)ゞ

まあ…もともとリンクロスを使用しているデッキがなかったのでワイバースターを使用したかったデッキだけ改造しますけどね

(`・ω・´)

(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。